SAFETY INFORMATION安全にご使用いただくために

釣り竿

使用方法に関する事項

電線との接触による感電

高圧線・線路・鉄橋等の電線による感電に注意してください。釣竿は素材特性上、電気をよく伝えます。特に電線等に接触、または、釣竿を近づけただけでも感電して死亡事故の原因となります。釣り場を移動するときは竿をたたみ、高圧線・線路・鉄橋等の電線の下または近くでは絶対に使用しないでください。

落雷による感電

落雷による感電に注意してください。使用中、雷が発生した時は、ただちに釣竿から離れ、安全な場所に避難してください。

◆釣り場以外での電線による感電

釣り場以外で釣竿を使用し、電線に触れる事故が発生しています。釣竿を使用する時は、周囲の安全に十分注意してください。

キャスティング(投げる)時の注意

キャスティング(投げる)の時は、周囲に人がいないか、十分に安全を確認してください。釣針が人にささったり、ルアーフック、オモリ等が人に当たると非常に危険です。

固着のゆるめ方

釣竿の固着(継ぎ部が食い込んで外れない時)は、継目の両側近くに、すべり止めを当てて握り、互いに逆方向へヒネリながら押して(振出竿の場合)継目をゆるめてください。その際、一気に力を入れると釣竿の継目に手をはさみ、けがをするおそれがあります。

根掛かりの外し方

根掛かり(水中、陸上での障害物に仕掛けが絡みはずれない状態)した時は、無理に竿をあおらないでください。竿が折れたり、外れた仕掛けが飛んできて、けがをするおそれがあります。根掛かりは、出来るだけ、糸を手にとって引っ張って糸を切ってください。その際、糸で手を切ることがありますので、手袋やタオルで手を保護してください。

破損時の取り扱い方

使用中、万一釣竿が破損(折れ、割れ、欠け、剥離)した場合、破損した箇所で手などけがをするおそれがあります。

ロッドの取り扱い注意事項

使用上の注意

◆リール装着時はリールシートにしっかりと収まることを確認しながらセットしてください。リールフットが大きすぎても小さすぎても不具合の原因となります。

◆適応ライン・ルアーは必ず守ってください。

◆2ピース以上またはグリップ着脱式のロッドでジョイントが固着した場合には、2人でジョイント付近を握り、お互いに逆方向に捻りながらゆっくりと、まっすぐ引き抜いてください。それでも外れない場合はお近くの販売店または当社へご相談ください。

◆リールシートやジョイント部は使用中にも固定状態を時折確認してください。緩んだままの使用は脱落や破損の原因となります。

◆ジョイントに異物が付着した場合、水洗いで異物を取り除いてください。付着したまま接続、使用すると破損の原因となります。

使用後のお手入れについて

◆汚れ、特に塩分を十分に水で洗い流し、水気を柔らかい布等で拭き取ります。その後、日の当たらない風通しの良い場所で完全に乾燥させてください。

◆高温多湿となる車内や、直射日光の当たる場所で保管しないでください。変形や褪色を起こす事があります。風通しの良い日陰で保管してください。

◆洗浄は真水、またはぬるま湯で行ってください。洗剤やブラシ等を使うとロッド塗装面や接着部を変質させたり、傷つける恐れがあります。ロッド用として市販されている物でも組み合わせによっては不具合を生じる場合がありますので安全性をご確認の上、ご使用ください。

釣り場で竿を折ってしまう原因の代表的な事例

1) ガイドへラインを通し忘れたまま使用する。

2) 竿先やガイドに糸絡みしたままでラインを巻き込む。

3) 取り込み時、無理に引き寄せる。竿を立てたまま垂直方向へ抜き上げる。

4) 根掛かりなどを外す場合、ロッドをあおって外す。

ロッド 免責修理規定

◎ロッド購入時の免責修理書は、記載内容で修理をお受け頂く事をお約束するものです。修理の際に必要となり、再発行は致しませんので大切に保管してください。

◎お買い上げの際には製品に不具合が無い事を十分ご確認の上、免責修理書に必要事項をご記入頂き控えを販売店様へお預けください。

◎免責修理期間の内外を問わず、修理をご希望の際には免責修理書を添付して、お買い上げ販売店へご依頼ください。添付が無い場合は通常修理とさせて頂きます。

免責修理内容

◆免責修理書に記載の当社製品について、修理書記入のお買い上げ日より3年以内・1回・1箇所のみに有効。

◆販売店名、お買い上げ年月日の記入は必ずお買い上げ販売店にお申し付けください。記入無き場合、また訂正したと思われる場合は無効となります。また再発行は致しませんので大切に保管してください。

◆正常な使用状態で破損が発生した場合のみ有効です。

◆免責額は免責修理書の通り設けます。免責期間内の修理において修理書に表記の免責額を超える場合、免責分を差し引いた残りの金額は当社が負担致します。

◆免責期間内に修理をお受けになられる場合には、破損現品(破損個所以外の部位も含む)に免責修理書を添えてお買い上げ販売店にご依頼ください。現品が無い場合、修理はお受け出来ませんのでご注意ください。

◆製品の破損に起因する付随的な損害(釣行に要した費用、共用製品の損失等)については補償致しかねます。

◆免責修理書は日本国内でのみ有効となります。

例外規定

下記に該当する状態が認められる場合には免責修理適用外となります。

◆保管・手入れの不備による破損。

◆使用・操作上の誤りによる破損。

◆乱暴・粗暴な取り扱いによる破損。仕様基準を超えた使用による破損。

◆当社以外で行われた改造・修理・分解。

◆天災・火災・盗難など不可抗力による紛失・破損。

◆経時変化または外的要因により発生した不具合・塗装面・メッキ面・その他加工処理面の自然褪色、腐食、剥離など。

◆音・振動・わずかな曲がりなど、本製品の機能に影響の無い感覚的な事象。

◆製品の機構上、必然的に発生する現象。
※製造中止品への免責対応

免責修理期間内であっても当社で同製品の製造・販売を中止し、修理不可能となっている場合、同製品に準ずる当社製品にて免責修理とさせて頂きます。なおその際の免責額は、代替製品の免責額を適用させて頂きます。
※免責修理書はお客様の法律上の権利を制限するものではありません。

釣針、釣服、疑似餌

釣針

使用方法に関する事項

◆針先は危険です。取り扱いには注意してください。

◆釣り以外の目的に使用しないでください。

保管に関する事項

◆子供または幼児の手の届かない所に保管してください。

廃棄に関する事項

◆釣り針は、釣り場に捨てず持ち帰って処分してください。

釣服(フローティング・ベスト)固形式

使用方法に関する事項

◆フローティング・ベストは浮く機能を備えています。ただし、法廷備品(日本小型船舶検査機構検定品)ではありません

◆必ずファスナーあるいはセーフティベルトを締めて使用してください。装着が不備の場合はフローティングベストがずれ、体のバランスを崩し危険です。

保守・点検に関する事項

◆座布団、クッション代わりの使用は、浮力の低下や変質、変形をまねくおそれがあります。絶対に避けてください。

保管に関する事項

◆保管は、直射日光を避け、風通しの良い場所で重い物の下にならないようにしてください。また、水や汗に濡れたままの放置や、車内、トランクでの保管は性能を低下させるおそれがあります。

疑似餌(ハリあり)

使用方法に関する事項

◆針先は危険です。取り扱いには注意してください。

◆キャスティング(投げる)時は、周囲の安全を確かめ、危険のないことを確認してください。周囲に人がいると針が刺さり、けがをさせるおそれがあります。

◆釣り以外の目的に使用しないでください。

保管に関する事項

◆子供または幼児の手の届かない所に保管してください。

◆ソフトラバーやビニール系の疑似餌を長時間保存する場合、直射日光を避けた所に保管してください。

◆プラスチック製のもののうえに放置すると、変形させるおそれがあります。