STAFFスタッフ紹介

STAFF

AIMS プロダクトデザイナー
橋本景(はしもとけい)

1969年 富山県生まれ 千葉県在住

幼少のころから父親の影響で、渓流と海のエサ釣りを覚える。
13歳:ルアーでのバスフィッシングに出会う。
14歳:東京・江東区へ転居と同時に湾奥でのシーバスフィッシングをはじめる。
17歳:バスフィッシングのトーナメントクラブに在籍。
20代:大手企業を退社後、プロショップへ勤務。 GT海外遠征やオフショアゲーム、トラウトといった様々なルアーフィッシングを経験。

釣りを優先するため仕事を変え、自身のフィッシングスタイルのベースである磯のヒラスズキとシーバスのウェーディングゲームにのめり込み千葉へ転居。

フィッシングメーカー数社のテスター、アドバイザーを経験した後、独立。2002年に自らアイテムを生み出すべくアングラーズ・ギア・ブランド「AIMS(エイムス)」を立ち上げ、アングラー・デザイナーとしてフィールドに立ち、シーバス・ヒラスズキ・青物といったターゲットを中心に全国を駆け回り追い求めながら、その経験をフィードバックしたタックル・アイテムを世に出している。

PRO STAFF
藤澤周郷(ふじさわひろさと)

1970年生まれ 兵庫県在住

大阪湾の神戸エリアを中心に「シーバス」だけではなく、釣れる魚全てを狙い、幅広く活動中。
ルアーメーカー邪道のルアーデザインも手掛ける。
座右の銘は「直感に勝る考えはなし」

FIELD STAFF
今林宣裕(いまばやしのぶひろ)

1975年生まれ 福岡県在住

幼少の頃より釣り好きの父親につれられ、野池や川、海の餌釣りを覚える。
10才からバス釣りを覚え、ヘラブナ釣りなど出会い時間があれば釣りに行く日々を過ごす。
30才の頃よりサーフからのシーバスルアーフィッシングを始め、その後導かれるように磯の平鱸へ。 車中泊をしながら、ヒラスズキ、青物を狙って地元福岡を中心に、大分、長 崎、宮崎の地磯を自らの足でポイント開拓をしながら釣り方を覚える。
そのため、昔も今もクルマはナビなし(笑)。

FIELD STAFF
小原一巳(おばらかずみ)

1977年生まれ 北海道島牧村在住

幼い頃から父の影響で渓流釣りを楽しみ、9歳からルアーフィッシングを始める。
ターゲットは主に海アメマス、海サクラマス、ヒラメ、青物、サケ、カラフトマス。
エギングも大好きです。
北海道中走り回っています!
自己記録は海アメマス78cm4,500g、海サクラマス4,8kg、ヒラメ80cm

FIELD STAFF
新拓也(しんたくや)

1992年生まれ 鹿児島県在住

10歳からルアーでのシーバスを始める。
鹿児島・薩摩半島の河川をメインフィールドとして、リバーシーバスに打ち込む。
1本を突き詰めて獲りに行くスタイルを得意としており、プロセスに重きを置いた釣りを展開する若きアングラー。
自己記録 シーバス90cm

FIELD STAFF
中谷友彰(なかたにともあき)

1991年生まれ 千葉県在住

幼少の頃から父に連れられ、房総半島の様々な釣りを親しむ。
18歳の時にウェットスーツスタイルのヒラスズキゲームに惹かれ、磯を駆け巡り続けている。
ヒラスズキ以外にも、ショア&ヒラマサ、ライギョ、ナマズなど幅広く楽しんでいる。
小柄の体格にも関わらず、数多くの大型魚の実績を持つ。
1匹を獲るためなら、どこまでも突き進む諦めの悪さが最大の武器!

FIELD STAFF
土師雄起(はぜゆうき)

1985年生まれ 大阪府在住

18才からシーバスのルアーフィッシングを始める。
釣具店でのスタッフ経験から得た餌釣り全般の知識も活かしながら、ヒラスズキ、青物、シーバスの釣行を重ねている若きアングラー。

FIELD STAFF
渡邊潤(わたなべじゅん)

1980年生まれ 東京都在住

江戸川のほとりで育ち、子供の頃から釣りを始める。そのため、エサ釣りからルアーまで幅広い経験をもつ。 シーバス歴18年のキャリアがあり、港湾エリアのストラクチャーを正確なキャスト&ジャークなどのアクションで攻めるピンポイント狙いを得意とする。
20年以上の釣具店勤務で、豊富なルアーやタックルの知識をベースに的確に使い分けターゲットを攻略していく。

(五十音順)